包茎手術は本当に安全?包茎の種類から手術の内容まで

包茎ってどんなもの?

包茎とは、成人の陰茎が皮に隠れたままの状態になっていることをさします。また、その程度によって仮性包茎、真性包茎などいくつかのジャンルに分類されています。特に真性包茎やカントン包茎は特に問題視されている包茎の種類です。包茎のデメリットは、皮をかぶったままなので汚れがたまりやすく不衛生であること、性交渉の際に支障が出ることなどが挙げられます。また、日本人男性の約6割から7割は仮性包茎だとされています。

包茎手術は本当に安全か

包茎を治したい一心で、自分で何とかしようとしている人は多いようです。無理やり皮をむいてみたり、皮を固定してみたりとその方法はさまざまですが、間違った方法を取ってしまうと血液の流れがストップし、鬱血などの症状を引き起こす恐れがあります。そのため、もし包茎を治そうと考えているのならば、専門医に頼るのが無難でしょう。これまでいくつもの包茎を治してきた専門医ならば、手術をする必要があるか、またその程度についても説明してくれます。

包茎手術はよく考えて

これまで見てきたとおり、包茎には種類があり、また手術を行うことで治療することもできます。ただし、包茎手術にも問題はあります。まず、程度にもよりますが、保険が効かないために高額になるということです。1回の手術で数十万円になることもあるため、本当に必要な手術かどうかしっかりと見極める必要がありますよね。また、手術の方法にも問題があります。一般的な手術では、かぶっている皮を切るものですが、そこには多くの感覚器官が存在します。性交渉の際に感度が鈍くなる恐れもありますので、手術の際には担当医と話し合うことが重要です。

包皮輪が狭く勃起した時に亀頭が露出しない状態のことをカントン包茎と言い、無理やり露出させると戻らなくなることもあるので注意が必要です。