性交渉だけでじゃない!?性病に感染する行為やルート

性病は怖ろしい病気が一杯

性病は性に関する病気で性行為をすると感染する恐れがあるものです。そして、その性病は非常に種類が多く、クラミジアや梅毒の他に、エイズ等の感染すると非常に危険な病気が沢山あります。ですので、性交渉をする時には、それらの病気に掛からないようにコンドーム等を利用する対策が必要になってきます。通常の性感染症ならばコンドームを利用すればほとんどの物は予防することができますので、避妊だけでなく性感染症予防として使っていくのが大事です。

感染する行為は性交渉以外にもある

ちなみに、性感染症については性交渉をするときだけでなく、キスをしたりカミソリなどを使いまわしすると感染する恐れがあります。ちなみに、性感染症については性交渉をするときだけでなく、キスをしたりカミソリなどを使いまわしすると感染する恐れがあります。特にエイズを発症するHIVウィルスなどは、血液感染をしますので、カミソリなど血液が付着する恐れがあるものを使いまわしたりすると、感染するリスクが高くなってしまいます。また、性病によってはキスをするだけでも感染する物も多く、最近流行っているオーラルセックスなども、そのようなリスクがあることを知って置くと良いです。

そのような感染症を予防するためにはどうすれば良いか

そして、そのような感染症を予防するためにはどうすれば良いかといえば、正しい性感染症とそれを予防する知識を身に付けるということです。どのような性感染症があり、どのようなルートで感染するのか知っておけば、そのような行為をすることも少なくなります。また、不特定多数の人と性交渉をしないということも大切です。性交渉によって感染が広がるのがその感染症の厄介なところですので、一夜限りの出会いなど安易に性交渉をしないことも忘れてはいけないです。

性病とは性行為感染症のことです。狭義的には梅毒、淋病、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫の4つの疾患のことを言います。