うつ病に悩まされた時!上手い立ち直り方はきっとあります

うつ病はとても身近な現代病

うつ病は現代の日本においては今や誰もがかかる可能性を持っている病気であることがいえるでしょう。細かなことで自分を責めたり、継続して気分が沈みがちになってなにもかも手につかない状態になったりします。さらには不眠や食欲不振、記憶力や集中力の低下で仕事のミスが増えたり日常生活にも支障をきたすことになるなどうつ病による症状は多岐にわたります。中高年に比較的多い傾向があるうつ病ですが、最近では若い世代にもうつ病の症状にかかる人が増えてきている傾向があります。

立ち直りのきっかけも身近にある

うつ病はいったんかかってしまうとなかなか治りづらい病気といわれます。いつ治るかについては人それぞれといえますので、場合によっては職場環境を変えたり休養を取らなければ治らない場合もあり厄介といえるのです。しかしうつ病はほんの小さなきっかけて治すことができる病気でもあるのです。例えばほんのささやか喜びを自分なりに上手く感じ取れることができるようになれば、それを元に少しずつでも頑張ろうという気持ちになりうつ病の改善につなげていくこともできるようになるのですよね。

おなじうつ病の人の話を聞いてみるということ

少し気分が晴れて動けるようになった場合には、うつ病の人や双極性障害の人などが集まる雑談会に参加してみるというのも一つの選択肢としては成り立ちます。そこで自分の病気のことを思い切って話してみたり、あるいは自分の思っていることを同じ境遇の人々に語ってみると気分が和らぐことができる可能性が高まります。話す時間については、大体どの雑談会も一人につき5分くらいですので特にハードルが高いというわけではありません。雑談会においてはフリードリンクなどもでますので、気軽に参加してみるときっとうつ病の改善効果につながっていくことでしょう。同じ境遇の仲間がいるだけでもかなり気持ちとしては楽になるものです。

うつ病チェックでは、気分が落ち込む日が1週間以上続く場合は、うつ病の徴候があると判断されて医師による診断が推奨されています。