解体工事をする時に知っておきたいこととは?

どのくらいの期間がかかるのか

解体工事をする場合、その建物に住み続けるとすれば、解体工事業者に止められるでしょう。引っ越してくださいと。少なくとも建物自体が無くなるわけですから、解体工事が始まってからはそこに住むことはできません。正確に言えば、住人が立ち退いてから解体工事が始まるわけです。工事の期間は引っ越しをしなければなりませんが、工事の期間がわからなければどのくらいの間引っ越しをするのか決めることができませんね。だいたい工事期間は2週間になります。

建て替えの場合には建築期間も考慮しなければならない

解体工事をした後に建物を建築工事する場合には建物の建築が終了するまで住人は仮住まいということになります。建物の建築は4ヶ月ぐらいはかかりますので、全部で5ヶ月間ぐらいは仮住まいをする必要がありますね。そうすると、1年契約の賃貸物件を借りるとなると費用がかかってしまいますので、マンスリーマンションなども借りてもいいでしょう。家具などはすでに付いていますので、解体工事と建築工事期間中家具などはレンタルコンテナなどを利用してもいいかもしれませんね。

どのくらいの費用がかかるのか

では、解体工事にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。普通、解体工事は建物の大きさは作り、そしてどこに建物が建っているかで解体工事費用は大きく変わってきます。たとえば、2階建て木造住宅で周りに家があっても工事車両が出入りできる道があり、駐車場も確保できれば比較的安い費用になります。逆に3階建ての鉄筋コンクリート造りで、駐車場もなく解体工事車両ので入りが難しければ費用はどうしても高くなってしまいます。

中古の建機のオークションを利用することで、建機の購入に掛かる費用などを、大幅に削減することが可能です。